フランスで芸術文化勲章の最高賞コマンドール賞を授与された北野武氏に関するニュースが「JapanToday」でも取り上げられ、多くの外国人達がコメントしています。受賞を喜ぶ声もある一方で、批判的なコメントがそこそこにあるが意外かもしれません。

「JapanToday」で取り上げたニュース記事は以下の記事を英訳したものです。

勲章「夢のよう」と北野氏 仏文化相、自然体を称賛]
2010年3月10日
以下、「JapanToday」についたコメント意訳


OssanAmerica
何でこの男はこんなにもフランスでここまで認められているんだ?誰か俺に説明してくれよ


dokachin
フランス人達って日本のテレビに登場する彼を見たことないのは間違いないね。


Potsu
冗談だろ?イカれてるな。


imarkon
みんなキタノのこと何だか嫌ってない?


Maria
自分たちの国で才能を理解されず、評価されないアーティスト達をフランス政府は高く評価するんだ。プラスティックのカツラやハンマーから大きく飛躍していった彼のために祝ってあげたわけだ。


Apsara
TVコメディアンとして彼にこの賞を与えたわけじゃないんだぞ。映画の方だからな。おかしな格好とプラスティックハンマーことばかり君らが考えているようなら「座頭市」や「ソナチネ」を見てみろよ。もし彼の映画を見ても好きになれないのなら、まあ、君らはフランス人と気が合わないってことだね。


Apsara
入れ忘れてた。「Hana-bi」なんかもかなり見応えのあったな。


kwatt
ホント、フランス人の多くはタケシのことが日本人と同じぐらい好きなんだな。彼が監督した映画は嫌いだけど、コメディアンとしての彼は俺は好きだ。


Priest
"なんでこの男はこんなにもフランスで認められているんだ?誰か俺に説明してくれない?"

タケシはマルチな才能がある。「その男、凶暴につき」、「ソナチネ」、「Hana-bi」、「座頭市」といった素晴らしい映画を監督してるんだが。もし世界的な名作を見るなら、日本の場合クロサワやタケシに出会うことになるよ。タケシ映画は広く普及してるし、人気があるんだからな。

それに彼には「戦場のメリークリスマス」などの素晴らしい俳優を務め、テレビ評論家、コメディアン、社会に対する評論家、アーティスト、脚本家でもあるんだ。彼はホント素晴らしいよ。私はフランス人じゃないが、私にとっては彼は神のような存在だね。


northlondon
なんてジョークだよ。日本のテレビ向けにキタノが下らない番組作ってるのをフランス人は絶対知らないね。キタノが最初の方に監督してたときの映画なら、何本かいい映画を作ってた。「ソナチネ」とか「Hana-bi」はいい作品だ。しかし、キタノがヤクザ物のストーリーだけしかこなせないことが、みんな分かってしまったんだよ。キタノのテレビ番組はどう見ても下らないし、血やグロ表現ばっかりの「バトル・ロワイアル」なんて上映禁止されるべきものだったろ。この賞を手当たりしだい与える前にフランスは受賞候補者のことを調査するべきだよ。


Debucho
アメリカで今後とも絶対評価されないキタノが何でフランス政府やフランス人に好かれるワケはそれだよな。


DenDon
もし「バトル・ロワイアル」やキタノ映画が暴力的だと思ってるなら、そう通りだと言えるけど、でも肝心なところを見逃してるし、多分黒澤映画を見てないだろうね。「椿三十郎」のラストは最も暴力的なシーンの一つだったりするけど、最高傑作として尊敬されてるよ。


tsurubushi
「バトル・ロワイアル」はかなりアレだったが、「ドールズ」は結構良かったな。


SpanishEyez37
最初に見たキタノ映画は「バトル・ロワイアル」だった。私は良かったと思ってるよ。でも、それで彼の他の作品「hana-bi」に惹かれて、今でも心に留まることに。

彼はちょっと変わってる。映画「TAKESHIS'」はかなり難しかったからだけど、でもそれが彼の魅力だね。


thepro
彼はいい映画を何本か作ってるよ。ただ、彼のテレビ番組は最悪だけどな。


morriconelover
何でバトル・ロワイアル」がキタノ映画だなんてみんな思ってんだ?違うだろ。あれって有名な深作欣二監督の最後の映画なんだぞ。キタノは主演を演じただけだろうが。


3RENSHO
"文化相はあいさつで北野さんの映画作品に見られる自然体と自由さを称賛した。"

自由さ?ドデカいプラスティックのハンマーで頭を叩くっていう自由さのことか?


seaforte03
(愛と嫌悪、彼の映画と彼自身に対する)感情を刺激させるビートタケシに対して歓迎したいね。彼の成功と議論の余地がある失敗、その両方に関する才能に称賛したわけで、彼の最悪とされる映画だって自分が作るとなれば、到底どうにもならないことだろうさ。


kp123
今あるコメントを見てると、キタノさんのファン層ってかなり少ないんだな。長年掛けて、彼の映画を見たんだがテレビに登場する[ビート]としてのイメージとのコントラストに、荘厳さというニュアンスが合わさって、彼の映画からエンターテイメントってものが見えたよ。まあ、いずれにしても、この受賞は彼にふさわしいよ。


Apsara
"自由さ?ドデカいプラスティックのハンマーで頭を叩くっていう自由さのことか?"

彼の映画のどこで、プラスティックハンマーを持った彼を見たんだ?一つのキャラクターで様々なメディアをやっていくのと比べれば映画には自由さがあるってことだろ。テレビ上の彼はちょっと怪しいが、だからといって映画上の彼の場合そうとは限らない。映画のスクリーン上で登場するときには、実際、違うキャラクターになってるんだがな。一部の連中には、どうしてそれを分かろうとしないのか不思議なところだね。


ppayne
嫌いな人はもっと嫌おうとするからね。

まあでも、正直なところ、彼は世界的に最も有名な日本人だと私は見てるよ。それに日本人として知ってるアメリカ人からすれば、結構尊敬されてるものだしね。「Takeshi's Castle - 風雲!たけし城」はびっくりするぐらいに有名だよ、彼がどういったテレビ番組を制作するのかなんてみんな知ってる。


bobcatfish
日本人とオーストラリア人が一緒になったディナーに付き添ったことがあって、一人のオーストラリア人がタケシと一緒に映った写真をみんなに見せるためにポケットから取り出したんだよ。そしたら彼が誰なのかオーストラリア人達が知らなくてさ、日本のロバート・デ・ニーロだって俺が説明したんだ。そしたら、日本人のグループが大声で笑ってんの・・・。彼のこと偉大だって思うけど、世界っていうのはもっと広いところみたいだな。

sf2k
「Hana-bi」は素晴らしいものだったし、その映画の芸術さやアイロニーは日本映画やドラマにありがちなパターンを越え、心に鳴り響くものだったって言うのは分かる。あの映画やメッセージがなかったら、生きがいがいつも求められるのが人生だとしてたね。自分のお気に入りの映画の一つだといつも思っているよ。


morriconelover
ヨーロッパの映画愛好者の間じゃ、キタノは偉大な監督として高く評価されてる。「Hana-bi」や「ソナチネ」はデンマークのテレビでよく見るね。それに「座頭市」は小さいながらも成功してるんだ。多くの若い人達はここで「菊次郎の夏」を楽しんでる。

コメディアンでありながら映画監督ばかりじゃなく、脚本にも関心があって、テレビ番組出演する人間として異彩な存在でもあるんだ。私は彼がプラスティックハンマーで人を叩く番組を見たことがあるけど、かなりまじめな彼が登場するトークショー番組が他にあったりするだろ。少なくともヨーロッパじゃ、高い芸術性を持った映画と同じように、多くの映画ファンからキタノ映画は評価されているんだよ。


Cos
別にフランスは彼に心酔してるわけじゃない。映画監督としての彼の才能は一般的に知られてはいるが、同じ賞を貰った監督は多くいるしな。フランスにいる人の多くは彼の映画を見るために時間を取ったけど、アメリカじゃこんなこと起こりようがないよね。アメリカの劇場はクソなアメリカ映画だけだったり、一年で大ヒットした映画以外アメリカ人は見ようとしないもんな。キタノは私にとって好きな監督ってわけじゃないが、素晴らしいことを成し遂げたとは言えるよ。

彼は奇怪なユーモアを売りにしたコメディアンとして始まって、日本のテレビのために番組制作を行って、また彼は絵も描くんそうだが、それがどうしたっていうんだ?俳優の「ポール・ニューマン」はトマトソースを売ってたわけだしな。彼の映画の価値に何も関係のないことだろ。

アメリカだと映画を制作した人が自分らが制作したものに賞を与えるわけで、そんな見方ってものがまさにジョークだ。それに成功したハリウッドスターなんて大量の広告活動で支援するものなんだから、才能なんて無いシリコン製人形ってやつだよな。アメリカ人は「チャップリン」を追い出してもいるしさ。

70 コメント:

匿名 さんのコメント...

ぶっちゃけフランスでも日本でも過大評価されすぎだよね

匿名 さんのコメント...

21世紀にもなってたけし城にどハマりしてるのはどこのどいつだよ

匿名 さんのコメント...

本当にドでかいピコピコハンマーで叩くだけしか能がない人間だったら、ドでかいピコピコハンマーを叩くだけでも許される地位になんてなれないよ

匿名 さんのコメント...

「アウトレイジ」楽しみだ。
「ソナチネ」や「キッズリターン」ぐらい面白いと良いな

匿名 さんのコメント...

>1
自分の評価が他人と違うって事が納得できない人が
批判しだすからねw
本当今の時代って俺様基準の奴多すぎ。
他人の評価が気に食わないってストーカー気質の世相ですわw

匿名 さんのコメント...

最後の人の発言を見るとアメリカでも幅広い映画を観れるというわけじゃないのね

日本も映画の質よりも話題重視で、主演俳優で興行成績のほとんどが決まるような感じだけどね
良質の日本映画はミニシアターに追いやられてるし、フランス、イタリア、ドイツの映画をもっと見てみたいのに映画祭なんかじゃないとなかなか見れない

最近はハリウッドも他国の映画と同列に扱った方がいいような気持ちになってる
それくらいはずれ(マンネリというべきか)ばっかり

匿名 さんのコメント...

1994年の原付バイクでの事故が惜しまれる。
あの事故で、ビートたけしは
特異な才能の多くを失った。

匿名 さんのコメント...

たけしはTVにおいて危なげな発言を控えるよな。本心としてはもっと過激なメッセージも送りたいのだろうけど、それを抑えてまとめ役としての地位に納まることが多い。加えて少ない発言の中に深い意味を凝縮させてくる。
おまけに、あの年齢で東大生と数学で競争する番組もやってたしな。世の中にいるどれだけの映画監督が、彼と同じだけの能力を持ってると言えるのだろうか。もちろん、それらのことと映画の評価は別だけれども、そういった多種の才能を評価するという意味では、やっぱり日本の評価と外国の評価は違うわな

匿名 さんのコメント...

ハリウッド映画はテンプレに沿って作ってるから大体内容が同じなんだってね。爆発的ヒットでなくてもそれなりに金銭回収できるし。
人種が様々いる国だし、頭を使って考える映画が苦手だからどうしても爆薬やアクションに頼りがちになるそうな。
というか最近では脚本すら考えないですむ他国の映画の劣化リメイクや、原作レイプの漫画の実写が多いような気がしてうんざりする。
個人的にはアメリカの何でもかんでもハッピーエンドな映画より、人間描写が深くて鬱展開が酷かったりするドイツやイギリスの映画の方が好きだな。

匿名 さんのコメント...

とりあえず海外ではコメディアンが
必要以上に格下に扱われるのが分かった

でも俺らの世代にとってたけしは 
映画<<超えられない壁<<ひようきん族
なんだよなぁ…

匿名 さんのコメント...

とりあえず海外ではコメディアンが
必要以上に格下に扱われるのが分かった

でも俺らの世代にとってたけしは 
映画<<超えられない壁<<ひようきん族
なんだよなぁ…

匿名 さんのコメント...

フランス映画って暗いの多いじゃん?(明るいのももちろんあるけど)
明らかにハリウッド映画と違うから、なんか影のあるキタノ映画も見れる分野なんじゃね?
ロシアもたぶんそうだろうね。

匿名 さんのコメント...

たけしの全盛期だった80~90年代に多感な時期を過ごせた
自分は幸せ者だ

匿名 さんのコメント...

今回のアカデミー賞を見てもアメリカがオカシイてのは分かる訳で

>アメリカ人は「チャップリン」を追い出してもいるしさ。
まあ、これに尽きるわな

匿名 さんのコメント...

アメリカが嫌いなものを好きになるのがフランスらしいね

匿名 さんのコメント...

ハリウッドにアクションやエンタ以外を求めるほうが間違ってる
感動作なんて金なんてかからないんだからどの国だって作れるよ
金かけてこそのハリウッドだろう

匿名 さんのコメント...

たけしは監督バンザイ!みたいなオナニー映画作り始めてからダメになった
やっぱり巨匠とか持ち上げられるとダメだね

匿名 さんのコメント...

タケシは自己満足で映画を撮り始めてからツマラなくなったよ・・・
監督バンザイ!とかなにあれ?

匿名 さんのコメント...

アメリカよりもフランスの方が評価してるのは
ある意味納得できるような気がする

アカデミー賞では理解できないんだろうな

匿名 さんのコメント...

たけしの映画やテレビタックルも嫌いじゃないけど、私にとってはやっぱり「風雲!たけし城」が一番だな。
大人になったら絶対参加するんだ!と思っていた。

匿名 さんのコメント...

宮崎駿のアニメを映画として評価したのもヨーロッパの映画界が先だったね。ハリウッドが認めたのは一番最後だった。
全般にアメリカ人はアートに対して保守的な傾向が強いように思える。フランス人のほうが先進的。

匿名 さんのコメント...

フランス人のジャポニズム観にマッチするからじゃないかな?

匿名 さんのコメント...

ピコピコハンマーを知らないからだ、って何だそりゃw 
すごく頭が固くて教養がなさそうに見える
作品に何か関係ある? 
むしろ多面性を評価しろと言いたいわ 
アメリカ人なんだろうな・・・頭の固い単純バカは

匿名 さんのコメント...

武はもともと自己満足で映画作ってたけどね。
武自身が言ってたけどHANABIが海外で認められたのをきっかけに
海外も視野に入れて映画を作るようになったと。
たぶんそれからだよ、つまらなくなったの。

匿名 さんのコメント...

たけしの映画の良し悪しはともかく
ヨーロッパとアメリカ、どっちで受けそうな映画かっつーと間違いなくヨーロッパだろうな
あと外人にはたけしの大根っぷりがわかり辛いんじゃなかろうか
外国語の演技ってわかり辛いし吹き替えとかもあるだろうし

匿名 さんのコメント...

内心ヨーロッパに憧れるアメリカ人や某国の人からすると
いろんな意味でおもしろくないだろうなぁ。
ただ国内の評価も、もともとこんな感じだった。

匿名 さんのコメント...

タケシの事もそうだけど、フランス人ってば優れた人を
マジで尊敬してるんだよね。
友達がある日本人のデザイナーの下で働いてたけど
パリに行くと本当に神様扱いされて居心地が良いので
先生が帰って来なくて困るとぼやいてた。
人種を問わず芸術などに優れた人を
ちゃんと厚遇できるフランス人すげぇ。

匿名 さんのコメント...

タケシは過大評価だと思うけど、村上隆ほどじゃない。

匿名 さんのコメント...

俺の周りの人間も、何故北野がそんなに高評価なの?って人多いわ
おぉすごいじゃん、と思う一方で、なんで?って思う
フランス人が変わってんのか?

匿名 さんのコメント...

日本は、基本的にアメリカ寄りの感性
ただ、ヨーロッパでも大衆に受けてるわけじゃないだろ
ビートたけしだから過大に取り上げられて
娯楽映画見るような日本人がたけし映画見ちゃうから
何が良いのってなるんだよ。

匿名 さんのコメント...

たけし城が世界中で人気が出て、ようやく一番最後に放送されたのがアメリカだってアメリカ在住の映画評論家(町山智浩)がラジオで言ってたから、たけしがコメディアンって事はフランス人の方がアメリカ人より知ってるんじゃないの?

匿名 さんのコメント...

フランスは自分達に無い文化を貪欲に取り込んでしまう文化がある。あらゆる分野でも垣間見えるし、それがフランスの特徴じゃないかな
不思議と生まれる結果は違うけど日本も似てるね

匿名 さんのコメント...

てか、フランスで昔からたびたび武の独占インタビューやドキュメントをやっているのも原因かもよ。
日本じゃやらないじゃんそんなの。つーか武自身が嫌がるし。
各国で印象が違うのは、その国のメディアへの顔出し具合が違うからだろう。
もしかするとオフィス北野の方針かもよ。

匿名 さんのコメント...

やはり初期の数作は鮮烈だったからなあ。字幕無しの無声映画であれだけ豊かに表現してみせた。長い邦画の歴史の中でもそうそう居ないよ。

匿名 さんのコメント...

武は事故にあってから更に芸術性が一気に開花したよね
それを考えるともう後は下がっていくだけなきがする

匿名 さんのコメント...

嫌うのも勝手だけど評価するのも勝手だと思うな
ただ自分基準でネットのアンチ活動してる人よりも
多数から評価されてる人の方が圧倒的に
社会的にも人間的にも価値があるのは事実
自分のできないことができる人(犯罪は除く)や賞賛されてる人を
批判するのは簡単だけど書いてて虚しくならないかな

匿名 さんのコメント...

フランスでの人気に関して、こんなニュースもあるね。
ttp://news.livedoor.com/article/detail/4656851/
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/359291/

匿名 さんのコメント...

監督ばんざいは、流石にね~よw
って思ったけどな。
>36
まあ、評価する方も貶す方も
ネットの雑談なんて才能ない奴等の戯言だからな。
僕にも羞恥心や韓流馬鹿にしてた時期がありました。
考えただけで虚しいでつwwww

匿名 さんのコメント...

タケシの映画は好きなのもあれば、
苦手なのもある。
時々、映画として失敗している
シーンがあったりするけど、
その後のタケシの持論を聞くと、
わざと失敗して、ちぐはぐに見せている
場面もあるらしい。
完璧すぎる作品はつまらないだってさ。
とか言いつつ、
完璧な作品も好きとか言ってたな。
コマンドール賞は、すごい。
おめでとうございます。

アメリカはエンターテイメント重視
ヨーロッパは芸術重視な感じなんかね。

匿名 さんのコメント...

キッズリターンしか見たこと無いけど
面白かったよ

匿名 さんのコメント...

海外の評価の基準は時に謎。
たけしもそうだが、それはまだ納得できなくもない。
納得できないのは、村上隆の評価が高いこと。
俺には良さがちっとも理解できん。

p さんのコメント...

昔、タケシはお笑いがダメになった時のことを考えて、
映画監督あたりに逃げ道を作っておくみたいに言ってて、
そのとおりになったね。
本当はお笑いで一番に居続けてたかったのだろうけどね。
だから映画で賞をもらっても、あまり嬉しそうにしてないものな。

匿名 さんのコメント...

正直ヤクザから手を切ってかたぎになって映画とか作って欲しいんだけど
そんなこと芸能人ができるわけないか・・・

匿名 さんのコメント...

タケシの代わりて居ないよな

匿名 さんのコメント...

アメリカとフランスの関係ってのは面白いね。

匿名 さんのコメント...

前々から思ってたけど。「世界のキタノ」じゃなくて「一部のヨーロッパのキタノ」の方が正しいだろ。
メディアが世界の世界の言いまくってると恥ずかしくなるわ。

匿名 さんのコメント...

芸人としても監督としてもB級以下だよ
よく見ろよ
たけしの映画は評価してお前等はアバターを内容の無い映画だというのか?
節穴にも程がある。

匿名 さんのコメント...

仏蘭西映画ってアメリしか見てないけど北野映画に近い雰囲気持ってたよな。  感性が合うのか?

47
アバターってただの白人の侵略文化批判やん 内容なかったやん。

匿名 さんのコメント...

普通に面白い
別に落とさなくてもいい

匿名 さんのコメント...

ヤクザ映画しか撮れないってのは同意。
でもそのジャンルで天才なんだからいいじゃないか。
映画以外で何やってるかなんてのは関係ない話だ。

匿名 さんのコメント...

大根演技どうにかならないか
脚本以前にあの酷い演技で全部ぶち壊し
駄作の多さからいって、日本で評価されることはないだろうなあ

匿名 さんのコメント...

>48
ハリウッド映画だけ飛びぬけて能天気なんだよ。
世界公開を前提にしてつくるから。

匿名 さんのコメント...

個人的な感想だけど、たけし映画はあんまり面白くないと思う。
ただ松本の大日本人をみたら素人よりたけしの映画がマシと思えるようになった。

匿名 さんのコメント...

プラスティックハンマーで人を叩く番組=下らない
かなりまじめな彼が登場するトークショー番組=素晴らしい

ガイジンの限界。

よく、クレシンの作者を絵の下手な人と勘違いしているガイジ
ンが多いけど、それと一緒。

匿名 さんのコメント...

「あの夏、いちばん静かな海。」と「キッズリターン」は名作。
暴力映画については最初は新鮮だったけどもういいやw

匿名 さんのコメント...

俺は武映画は大好きだけど、そうじゃない人間の意見も分かる。
ただ、武が過大評価だとか映画がつまらんとか言ってる人って、キッズリターンやソナチネを観た上で言ってるのか気になる。
あれは本当に面白いのに。

匿名 さんのコメント...

例えば、スペイン人やドイツ人の映画監督がフランスで大きな評価を受けた時、
部外者の日本人が「何故あのドイツ人はここまでフランスで評価されてるんだろう?」
なんて疑問を持ってゴチャゴチャと議論をするか?
わざわざしないだろそんな事。
ほんと、大きなお世話だよな外人共。
日本人が評価されるのがそんなに不思議なのかよ。

匿名 さんのコメント...

>41
良さもなにも、村上隆って何もやってないし、何も創ってないからね。わかるはずもない。海外で評価高いのは自分で創りだしたフリしてるから。日本にもパロディやコピーで儲ける人はいるし、それはそれでいいけど、自分が創りだしたフリは通用しない。だから村上は日本では相手にされない。

匿名 さんのコメント...

フランスでも「たけし城」はよく知られていて、コメディアンであり、かつ映画人でもあるというマルチな才能を評価されての受賞と聞いたけど。アメリカ人が思っているよりずっとフランス人はたけしのことをよく分かっているよ。

匿名 さんのコメント...

たけしの映画がフランス人に好評な訳を知りたければ
まず色んなフランス映画を見るべきだと思う
中学の時初めてフランス映画見て
邦画ともハリウッドとも丸っきり違ってビックリしたなぁ

匿名 さんのコメント...

ヨーロッパの映画はアメリカみたいに単純じゃなく深みがあって大人っぽい。欧州でヒットした映画をアメリカがリメイクすると途端にヨーロッパ映画の微妙な機微や雰囲気が無くなって子供じみた作りになってしまう事が多いと思う。
もっとヨーロッパ映画を上映してほしい。

匿名 さんのコメント...

>61
欧州映画に深み??何言ってるの?
あんたが見たいのは勝手だが、映画配給会社も馬鹿じゃない。
これだけは言っておくよ。

匿名 さんのコメント...

フランス映画は実験映画ばっかでそんな映画ファンじゃない人にはかなり退屈だろう

何人か暴力描写批判してたけど、的外れもいいとこだよ
たけしは暴力が大嫌いで、わざわざ凄惨な暴力を扱うのは暴力は痛くて辛くて否定されるべきものだって伝えたいから
そこらのアホが撮ったアクションとしての軽い暴力とは重さが違う

匿名 さんのコメント...

黒沢明の七人の侍だって暴力映画なんだけどなぁ。
暴力を暴力で解決する映画なんだから。
殺しまくるのにw

匿名 さんのコメント...

自分もかねがね何でたけしってヨーロッパで高評価されてるのか不思議に思ってた。
80年代のコメディアンとして絶頂の時は良かったけどね。
今はつまらない映画制作資金を集めるために被り物とかで色んな番組に顔出してるけど正直日本のテレビ番組の質下げてる。たまに見せるシニカルなコメントのセンスとかは世界的にも通じる笑いだと思うけど今じゃめったにみせないし。

匿名 さんのコメント...

こういうのを映画サイト以外から訳してもあんま意味ないんでないの
映画好きは要らんぐらい褒めちぎる。あとフランスは難解なもんが好きで
アメリカはそういうもの理解できない。

ソナチネとhanabiは傑作だよ。

匿名 さんのコメント...

娯楽映画やわかりやすいプロットの作品ばかり日常的に見てる人ははだ似合わないだろうね。
というかそういう人たちって、個性的なものを嫌うよね。

匿名 さんのコメント...

武の事を低評価している外人の中には「アジア人のくせに」って卑屈な考え方の
奴が居るよ。イチローや宮崎駿も認める白人や黒人、アジア人は多いのに、たまに
英語のネットでは「過大評価」だって言って批判する奴らも居る。そういう奴に限って
単純に目が細いとか日本人だからとか、くだらない理由なんだけどな。
要は人種的な部分でしか評価しないのが世界中にごまんといる。
いくら日本のテレビは「海外は日本より差別が少なくなっている」と
言っているけど嘘だ。むしろネットの登場で20世紀よりも酷くなっている。

匿名 さんのコメント...

たけしの映画はつまらないって奴は大抵たけしの映画まともに見てないからなあ

Unknown さんのコメント...

欧米にはコメディアン上がりの名監督多いから、珍しくないんでしょう…。
アメリかもチャップリンとかウディ・アレンとか。まあ、追放したり、クラリネット演奏しててアカデミー賞授賞式欠席とかされてるわけなんだけど。

コメントを投稿